こんな方にオススメです!

 

入れ歯にしたくないと言われる方

もしあなたが虫歯や歯周病で一番奥の大きな奥歯を1本か、2本失った場合、
私達、歯科医師は頭を抱えて治療方針に悩んでしまいます。

と言うのが一番奥に健康な歯が残っているのなら、その歯を削る欠点がありますが、
ブリッジで対処が出来るのですが、一番奥の歯を2本失ってしまうと、主に入れ歯をいれないといけなくなります。
入れ歯とインプラントしか方法が無いからです。
これが1本だけなら延長ブリッジと言って、前の2本の歯を削って
後ろの延ばしたタイプのインプラントを入れることもできますが、この延長ブリッジは、
負担が大きく残っている歯にかかるためにお薦めできる治療では決してありません。

こんな方にオススメです!

だからと言って、そのままにしておくともう一方の健康な側に負担が掛かりすぎて
悪くなったり、例えば右下の歯が抜けて、そのままにしておくと、
右上の歯が延びてきて、噛み合わせを悪くする場合があります。
そうなってからでは残念ながら延びてしまった反対の歯を削る治療が余分に必要になります。

インプラントでは失った1本か2本の歯の場所にインプラントを入れることで、
もっとも自分の歯に近く他の歯を全く痛めない、逆に守ることができる、
新しいよく噛める歯ができるのです。

インプラントの本数は金額の制約はあると思いますが、抜けた歯と同じ本数を入れる場合が多いです。
入れ歯の治療にも、もちろんメリットはありますが、部分入れ歯の方が、インプラント治療を受けられると、
取り外しの入れ歯から開放されるだけでなくて、ほとんどの方が、よく噛めて申し分ないと言われます。

 

前歯をブリッジや入れ歯にしたくない方

長年、差し歯だった前歯がいきなり取れてしまって、歯医者さんに行くと、虫歯が深かったり、
歯根破折(しこんはせつ)と言って、歯の根っこが折れてしまっていることがあります。
その場合、残念ながら自分の前歯を抜かないといけないことが多いです。

こんな方にオススメです!

例え1本でも自分の歯を抜かないといけない場合、治療方法は3種類です。 ブリッジと言って両方の歯を削って最低3本の繋がった歯をくっ付けるか?
バネが見える入れ歯を入れるか?それからインプラントです。
実は前歯のインプラントは、例え1本でも難しい場合が多く、
とくに見た目をよく作る事は高度のテクニックが必要です。
しかし健康な両サイドの前歯を削るブリッジは長い目で見て欠点も多いです。
また前歯ですから入れ歯を希望されるかたは少ないのですが、
治療方針はその方の状態によって、
本当にインプラントがベストかどうかはわかりませんから、担当の歯科医師の先生とインプラントで良いか、よくご相談下さい。

また交通事故で不幸にも数本の歯を失った場合、
これもインプラントとブリッジと入れ歯の3つの選択肢があります。
複数の歯をブリッジで持たせる場合、おそらくあなたの予想より遥かに多くの歯を削らないといけませんから、
これもよくご相談下さい。
また当院も時々来られますが、交通事故で若い女性が4本、5本の歯を失った場合、
前の歯科医師の先生が、歯を削りたくないからと、取り外しの入れ歯を若い女性に入れている場合があります。
そのような場合、その方は私は一生このまま入れ歯かと凄く悩まれる場合が多いのですが、
適切にインプラント治療を受けられると、その悩みから開放されます。
ただし交通事故の場合、インプラント治療に大切な骨が失われている場合が多く、特にかなり昔に歯を失った場合は、
骨が痩せてしまってインプラントが困難な場合、またインプラントが出来ても
最終的な前歯の審美性が困難な場合もありますので、主治医の先生とインプラントで良いか、よく相談してください。

 

健康な歯を削りたくない方

皆さん、最近は歯科の正しい知識をお持ちの方が多いですから、
自分の健康な歯を削りたくないと言われる方が多いです。

こんな方にオススメです!

なぜならどんなに腕の良い歯科医師が精密に歯を削って、
人工の材料を使って歯を修復しても、健康な歯には適わないからです。
歯は削れば削るほど悪くなる場合が多いのです。

特にブリッジの場合、失った歯の両端を普通は大きく削るため、
そんなに削るの?と後から驚かれる方も多いです。
また最低ブリッジは昔は3本で支えるところを
2本で支える構造になっています。
これは3名で重い荷物を持っていたのに、一人が抜けてしまったので、
その重い荷物を後の2人で持つ事と同じなのです。
1本以上の歯を失ったときのブリッジはそれ以上に過酷な力がかかるのです。

また歯の場所によっては、ブリッジにするためだけのために、あらかじめ歯の神経を抜かないといけない場合があります。
歯の神経は抜くと痛みを感じないばかりか、生えている竹と同じで自然の竹はしなってもなんともありませんが、、
切ってしまった竹は折れやすくなります。
これと同じで神経を取り去った歯は少し脆くなる場合がありますので神経を取ってまで行うブリッジには長い目で見ると欠点が多いのです。

その点インプラント治療は他の歯に全く負担を掛けなだけなく、他の歯を守ることに繋がりますので、インプラントにはメリットが多いのです。

 

もっとしっかり噛みたい方

ブリッジは固定式のために、違和感は少ないのですが、どんなにうまく作られても、
両端の歯が負担過重になるので、全く前と同じように噛むまでは噛む力を回復できません。

またこれが入れ歯になるとある調べでは、どんなに高い材料で高い精度で入れ歯を作っても
最高で歯があったときの50%の噛む力しか回復できないと言われています。

それでは昔の歯が健康な時のように、何でもバリバリとしっかり噛むことは困難です。

そのため、おすし屋でアワビを食べなくなったり、ステーキも軟らかい肉しか食べなくなってしまいます。

こんな方にオススメです!

インプラントは本数と状態によっても異なりますがほとんどの方が何でも噛めると言われます。
当院では1年に1回、インプラント友の会を開催して、
インプラントを当院で治療された方と、実際にお食事を楽しむ会を持っています。

ある参加された方は、会の後のアンケートで
「 インプラント友の会での食事会は、義足を作った人を呼んで、運動会をするようです。 」 と言われましたが
当院でインプラントをいれた方が私の目の前で美味しそうに何でも食べられる姿を見る事は歯医者冥利につくと思っています。

しっかりと噛むことは、健康に大切なのはもちろん、今ではダイエット効果とか、
認知症の発生と密接な関係があると言われています。
高齢者の方で元気で長生きされる方は、ほとんど健康な歯をお持ちなのです。

しっかり噛める事は、いつまでも何でも美味しくものが食べられるだけで無く、健康で長生きな人生に繋がるのです。

 

ドライバーの飛距離を伸ばしたい方

こんな方にオススメです!

これは当院でインプラント治療を受けられたある男性のかたに
教えて頂いたのですがインプラント治療を受けて奥歯でしっかりと噛めるようになってから、ゴルフのドライバーの飛距離が伸びてスコアもかなり良くなったらしいのです。

スポーツ、特に奥歯を食いしばって力を発揮するスポーツでは奥歯の噛み合わせと
スポーツの成績は密接な関係があると今ではわかっています。
そのような点でスポーツ歯科の分野での研究も進んでいるのですが、
あなたのドライバーの飛距離が伸び悩んでいて、スコアもなかなかまとまらないのは、実はあなたの歯に原因があるのかもしれません。
一度、主治医の先生にインプラントについてご相談いただいてはいかがですか?

 

総入れ歯の安定が悪い方

総入れ歯はバネを引っ掛ける歯が無いわけですから、安定させるのは困難な場合が多いです。
上の入れ歯がスコンスコンと落ちてきたり、下の入れ歯がプカプカと浮いてきて、
総入れ歯にストレスを感じる方は実際多くいらっしゃいます。

こんな方にオススメです!

保険の効かない超精密入れ歯で問題が解決できる場合も多いのですが、
顎の骨が極端に吸収している場合は、それでも安定させることが難しい場合もあります。

そんな場合でも2本のインプラントを打ち込んで、その上に普通の歯ではなくて
アタッチメントと言う、特別の磁石の装置などをつけて入れ歯を安定させる場合があります。

また高齢者のかたで長くて太いインプラントでは体に負担が掛かりすぎる方は、
ミニインプラントと言って、細いインプラントを数本打ち込んで、そこで入れ歯を安定させることもあります。
特に総入れ歯では安定が悪いとよく噛むことはできません。

一度インプラントを検討されてはいかがですか?

インプラント無料電話相談(岡山)
インプラント専門医が直接お答えする無料メール相談

インプラント動画

インプラント動画

岡山インプラントサロンでは
インプラント治療に関する動画を
配信しています。

無料プレゼント

インプラント小冊子

初めての方へ

インプラント治療WEB診断
インプラント治療 24時間初診予約

疑問のある方へ

インプラント・トラブル相談室 疑問のある方へ

※ 当サロンではインプラント治療のお支払いにクレジットカードや、36回までは金利ゼロのデンタルローンのご利用が可能です。

関連サービス

インプラントつぶやきインプラントYoutube
Go To Top